ダイエットを成功させるための食事のコツ3選

ダイエット
・情報が溢れすぎて結局何を食べれば良いかわからない
・食事を摂っているのに暴食が収まらない
・最低限の食事の知識をつけたい

このような悩みを持っている方はいないでしょうか?実際のところ僕自身もないが正しくかわからない期間が長くありました。
なので、この記事ではパーソナルトレーナーとして100回以上指導をしてきた僕が、ダイエット中の食事の基礎知識を述べながら、具体的な食事のコツについて解説していきます。
この記事を読み実践することで、あなたのダイエット生活ががより良くなりますので最後までご覧ください。

ダイエット中の食事で最低限気をつけるべきこと

摂取カロリーを抑える

前提として、摂取カロリーが消費カロリーより多い場合はどんないい食材を摂っていても痩せません。食事は主に、量、質、時間が関係してきますが、優先順位的には量>質>時間になります。なので、極論ケーキを食べても消費カロリーの方が高ければ痩せるのです。(様々な問題によりそのような食事はお勧めはしないですが…)

摂取カロリーを抑えすぎない

先ほど摂取カロリーを抑えようと言ったばかりで何を言っているんだとなるかもしれないですが、これは大切です。よく代謝が落ちると表現しますが、あれは消費カロリーを制限しすぎて体内でこれ以上消費できないと判断し、消費カロリーを制限するということです。つまり、摂取カロリーを制限しすぎると消費カロリーも制限されるということです。これを防ぐためには摂取カロリーを制限しすぎないことが大切になります。

具体的な目安はこちらで計算をしてください

摂取カロリー目安

ダイエットを成功させるための食事のコツ3選

決まった時間に食べる


これはできている人は少ないんではないでしょうか?決まった時間に食べることのメリットは、内臓が正常に機能することになります。つまり、消化吸収がスムーズということです。例えば、夜中にケーキなどを食べて次の日胃が重いと経験したことはないでしょうか。これは、胃腸がその時間は休みたいのに急に食べ物が入ってびっくりしている状態になります。これが続くと、食欲ホルモンや満腹中枢が正常に機能しなくなってくるので空腹がわからなくなったり、暴食の原因になります。なので、決まった時間に食事を摂ることは大切になります。

間食は低脂質


間食を低脂質にすることによってのメリットは、カロリーが比較的低い、お腹具合を感じやすいという2点が考えられます。カロリーが低いのは何となくわかると思いますが、お腹具合を感じやすいことについて説明します。これは、空腹を感じやすいという意味です。例えば、揚げ物などの脂質を多く含んだ食べ物はお腹が空きにくくなるのは経験したことがあるのではないでしょうか。これは、主に脂質の消化が遅いからになります。反対に炭水化物は消化が比較的早いので、炭水化物である、おにぎり、ラムネ、果物などを摂ってあげると良いです。

ゆっくり食べる


これはどこでも言われていることですが、中々難しいのが現状です。なので、簡単なコツをお伝えします。それは、飲み込むのを一度止める事。早食いの人は、口に入れるとすぐに飲み込もうとするので、飲み込みたい衝動を一度止めてみてください。加えて、少量を口に入れて毎回箸を置くように止めると絶対にゆっくり食べれますので是非試してみてください。

まとめ

・摂取カロリーを抑える
・摂取カロリーを抑えすぎない
・決まった時間で食べる
・間食は低脂質
・ゆっくり食べる

これだけ書きましたが、結局のところは食事は楽しむものなので楽しめる範囲で頑張ってください!

もしよろしければ、TwitterやInstagram等で拡散していただけると励みになります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました