[減量6日目]減量はするべきではないと思った話

減量

 

こんにちは、壮です。

減量とダイエットの差が理解できていない方や、健康を害しても減量をしたいと思う方に対して、私自身が6日間減量した中で思った事を書いていきたいと思います。

大きな目標がない場合減量はするべきではない

減量を6日間を続けて一番強く思ったことは”目標が無ければ確実に辞めている”という事です。現在私は、ボディーメイクコンテストに挑戦し勝つという目標があるため続けることができています。ですが、なんとなく痩せたい、綺麗になりたいなどの具体的な目標ではない場合減量は続けることはできないですし、食欲が爆発する元になるだけです。今、私自身もめちゃくちゃお米をがっつきたいですし、爆食いしたです。笑

食欲をコントロールすることはかなり難しいことです。我慢して、リバウンドしてもいいからという方は減量をしてもいいですが一般的にはお勧めできません。

なぜ食欲を抑えられないのか

結論から言います、食欲が爆発してしまう原因はカロリー不足です。私たち人間は毎日カロリーを消費していて、毎日カロリーを摂取しています。そのバランスが、摂取カロリー<消費カロリーになると食欲が爆発しやすくなります。他にも原因は沢山ありますが、詳しくはまた違う記事で書くので是非見てください。

そしてそのカロリー不足はどこが感じるかというと、ズバリ脳です。脳がカロリーが足りていないと感じ、脳のエネルギー源である糖を欲しくなるということです。みなさん、疲れた時甘いものが食べたくなりませんか?これは、脳が疲れたと感じ糖を欲し、食欲を爆発させるスイッチをオンにしているわけです。メンタルだけで脳に勝つことはとても難しいです。ですので、自らカロリー不足にして痩せる減量はリバウンドの危険性や健康を害してしますので、お勧めできません。

最後に

お勧めできない理由は理解していただけたでしょうか。今回の記事を読んで、過度な減量をする人が一人でも減れば幸いです。減量は健康を害します、ダイエットは健康の維持です。ここの差をよく考えて生活してください。できる範囲で続けることが何よりも大切です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。その他記事やSNSもみて行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました